ラフォームをつくる人たち tukuru

現場を任せられる、息の合った職人。

家づくりでとても大切な現場。建築工事は、担当者や施行業者によって品質が大きく左右されます。
どんなに素晴らしい設計デザインの家でも、現場が悪かったら施主さまの意図を汲んでの設計は反映されません。
ラフォームは、設計後の施工や現場管理まで関わることで、責任を持ってお客様に良い住まいをご提供いたします。
頼れる職人は、わたしの家族でもあり
いつも無理難題を着実にこなしてくれる田中組にお願いしています。

btn_tanaka

二代目・田中 茂社長

墨つけもできないような職人に、
家づくりを任せるもんじゃない。

tukuru_04

本来家は100年くらいもって当たり前。
大工には、それだけの家を建てる技術があるんです。
木が曲がりたい方向、向きたい方を見極めてちゃんと使ってやれば、家はどれだけでも長持ちする。
近頃は墨つけもできないような者が大工だと言ったりして、嘆かわしいね。

うちの先代は宮大工で、今でも生粋の職人揃い。
技術でしか語らない職人の技を必死に体得してきた奴らだけが、うちで家づくりをしています。
昔からの工法に詳しいから、増改築は腕の見せ所。大工だからって、センスが無いなんて思ってもらっちゃ困ります。
奥様の嗜好に合わせて畳のヘリからこだわりますよ。
それが何より好きですしね。

家を建てるなら一つご提案があります。
玄関だけはなるべく広く立派にした方が良い。玄関は家の顔。その家の繁栄や格式に影響しますからね。
良い職人を見つけるのが難しいなら、うちに任せてくだされば間違いありませんよ。
家は末代まで残る仕事。
肝に銘じて作らさせていただきます。

tukuru_05tukuru_06

三代目・田中成敏

難しい注文ほど燃える。
それが本物の工務店だと思います。

tukuru_07

最近の家づくりの中には、様々なプランの中から選んで組み合わせていくというものがありますが、
それではお客様が建てたい理想の家づくりを実現するのは難しいと思います。

お客様も最初は、デザインや間取りを重視なさる方が多い。
でも数十年先を考えると、必ずしもお客様の今の思いをそのまま実現することが、
家づくりの成功に結びつくと思わない時もあります。

そんな時はハッキリとお伝えします。それが「正直」といわれる面かもしれません。
デザインにこだわるなら、構造面もしっかり吟味する。
お客様のご要望に100%ではなく、120%で応えていくことが大事です。
ご要望に対して常に多方向から判断し、難しい注文ほど燃える。それが本物の工務店ですよ。

私は現場管理の仕事が中心ですが、個人的には備え付けの家具づくりを得意としています。
思い通りの家具が見つからないなら、作ってしまえばいいんですよ(笑)。
お客様の家財に合わせてオリジナルの収納家具を制作できるのが、実は私の一番の喜びです。

tukuru_08tukuru_09

事務経理・田中雅子

愚直なまでのお客様第一主義。
経理としてはちょっと困りモノです。

tukuru_10

家づくりは難問の連続です。
最初から最後まで計画通りに建つ家なんて殆どありません。
建築途中の問題など、最終的につじつまが合えば良いという業者もあるかもしれませんが、うちは正直がモットー。
どんな小さな問題もお客様と一緒になって解決しています。

お客様のご要望にお応えすることが第一ですから、採算どがえしなんてこともしばしばで、
経理としては正直、笑っていられないことも多いのですが、皆さまにご満足いただけているからこそ、
次の仕事に結びついているのだと思っています。

おかげさまで全国初の高齢者用グループハウスの建築を手がけるなど、素晴らしい仕事をたくさんさせていただきました。
「こんなことできるのかな?」と思うような建物でも、是非うちに相談してみてください。
うちの職人は絶対に「できない」とは言わないと思いますよ(笑)

tukuru_11tukuru_12